良い環境でペットを納骨して管理することが出来るペット霊園の魅力についてご紹介

このサイトでは、近年利用者が急増しているペット霊園の魅力やメリットを分かりやすく解説しています。
ペット専用の霊園に興味があるけれど、いまいち仕組みや良さが分からないという方の大きな助けになるでしょう。
またメリットだけでなく、失敗や後悔事例・デメリットについても触れているので、比較検討する際にとても参考になるはずです。
霊園選びで失敗して後悔する人もけっこう多いので、失敗事例を学んでおくことは非常に重要です。

良い環境でペットを納骨して管理することが出来るペット霊園の魅力についてご紹介

ペット霊園の魅力は、環境の良い場所にペットのお墓を建てられることです。
多くのペット霊園は、清潔で明るい雰囲気の場所にあることが多く環境がいいです。
そういうところに埋葬してもらえればペットとしても安らかに眠れるでしょう。
また、お参りする側としても、気持ちよく供養をすることができます。
そして専用のペット霊園があることによって、定期的に参拝するようになり、家族の一員であったペットの事をいつまでも記憶にとどめておくこともできるでしょう。

ペット霊園の飼い主のニーズに応じた選び方

共に過ごしてきたペットが亡くなると、ペットロスという言葉があるほど飼い主は悲しみに包まれてしまいます。
天国へと旅立つペットの最後は心を込めて送りたいもの。
近年では家族のように暮らしてきたペットを供養する専門の施設や霊園等が増えています。
ペット霊園ではご遺体のお迎えからセレモニーや火葬、納骨や供養までサービスを提供。
ペット霊園によって葬儀プランや納骨方法が用意されており、飼い主さんのニーズに幅広く対応しています。
選び方としては葬儀プランの内容、費用から自分希望に合うものを選びます。
個別または合同の葬儀にするのか、屋外の墓地に遺骨を埋葬するのか室内の納骨堂にするのか、ペットの旅立ちにふさわしいものを選ぶと良いでしょう。
ペット霊園では小さなハムスターから大型犬の葬儀に対応しており、費用は種類や大きさでことなります。
亡くなってから慌てることがないように、近くのペット霊園を確認しておくと良いでしょう。

ペット霊園におけるサービスの種類

可愛がっていたワンチャンが亡くなると家族と同じように愛して愛情を注いでいたためその喪失感は計り知れません。
亡くなった後、しばらくは悲しみに包まれた日々を送ることでしょう。
大切なペットとはいえ、亡骸をそのままの状態で保管することはできません。
ペット霊園では供養のためのさまざまな種類のサービスを提供しています。
葬儀、火葬、納骨、供養と人の葬儀に近い内容となっています。
またペット霊園によっては火葬場を完備しておりさまざまな火葬プランを用意している場合も。
ハムスターから大型犬までペットの種類や大きさなどによって費用はことなります。
ペット霊園の形態は自然に囲まれた立地にある通常のお墓タイプから、室内にある納骨堂タイプなどが選べます。
動物の寿命は私たち人間と比べると短いものです。
ワンチャン達が元気なうちに、自宅から利用できるペット霊園を確認しておくことでもしもの時に慌てず適切な対応を取ることができるのです。

ペット霊園の申し込みに必要な手続き

ペット霊園に亡くなってしまったペットを埋葬したい場合は、霊園側が定める方法で申し込み手続きをとる必要があります。
一般的には、霊園側が用意する使用許可申請書に、氏名・住所・電話番号といった申込者の個人情報や、埋葬するペットに関する情報、希望する埋葬場所、読経の有無などを記入して提出します。
霊園によっては、申請書にいくつか書類を添付する必要があるので、よく確認した上で手続きをはじめましょう。
ペット霊園によっては公式Webサイト上のフォームから受け付けている場合があります。
Web上からの申し込みも基本的な流れは一緒で、フォームの各項目に必要な内容を入力して送信するだけです。
申し込みを受けた霊園側は、内容を確認した上で電話かメールで連絡してくるので、指示にしたがってすすめていきましょう。
埋葬だけでなく火葬も行って欲しい場合の申込方法は、申請書や申し込みフォームに入れなければならない内容に若干の違いがあるだけで、基本的には埋葬時と一緒です。

ペット霊園に最低必要な経費について

ペットが亡くなった際に自宅で供養するだけでなく、ペット霊園を利用する場合も多いです。
実際に利用を検討している場合であれば、ペット霊園に支払う必要最低限となる経費を把握しておくこともポイントになります。
まずペット霊園は遺骨を納めて供養する人間のお墓と同じと考えてもよいですが、プランなどが複数ある事が多いです。
利用できるサービスとして共同納骨堂の利用があり、骨壷を使用しない共同埋葬の場合は5,000円程度で利用できる場合もあります。
最低費用と考えると、1万円以内でも利用できるサービスもあると判断可能です。
ただし共同納骨堂で骨壷がある場合であれば、保管期間や管理費なども含まれると、1万円から2万円以上かかる場合もあります。
個別での埋葬であれば墓石代の他に管理料なども含まれるので、30万以上必要な事も多いです。
供養の方法には様々な種類があるので、その中でも最低費用で利用出来るサービスを把握した上で霊園の比較することで何処を利用するか判断する事が出来ます。

ペット霊園の葬儀とはどのようなものなのでしょうか

ペット霊園では葬式をしてくれるところも多々ありますが、どのようなものかご存じでしょうか、実は人間のものとそれほど違いはありません。 まず葬儀室に飼い主が通され、亡くなったペットを安置します、葬儀場により違いがありますが、大きな仏壇や観音菩薩像が置かれている事が多いです。 切り花を棺の中に入れ、埋め尽くし、これもサービスにより違いがありますが、脱脂綿などに湿らせた水を口に含ませます、さらにペットの生前好きだったおやつやおもちゃ、服なども一緒に棺の中に入れます。この時燃えないものを入れてはいけません。 その後はお経のテープの流れている中、ご焼香などをし、最後のお別れをします。 ペット霊園もきちんと人間と同じように最後まで納得のいくお別れをさせてくれますので、飼い主さんの心を癒してくれるでしょう。 ただ、人間の葬式とは違い椅子などは用意されていませんし喪服など細かな決まりはありません。 短時間で終わりますので心を整理する為にも検討してみてはいかがですか。

愛するペットのお墓はペット霊園がいい人自宅がいい人

長くそばにいてくれたペットが天に召されると、淋しくてたまらない方もいらっしゃることでしょう。1週間、いや1カ月は悲しくて気分がふさぎがちで辛い日々が続く方もいるかもしれません。ペットのお墓もアクセスの良さで選ぶといいでしょう。高価なお墓ではなくて家族の皆さんがしっかりとお墓参りに来てくれるのが、ペットにとっても幸せだと思います。ペット霊園には、人間同様で個別にお墓を建てる方法があります。費用もペットに合った小さいものは数万円、大きなものは数十万円になることもあります。合同墓は、骨壺から遺骨を取り出して、他のペットと一緒に埋葬する供養です。納骨堂は、骨壺のままペット霊園に安置する方法です。ペットと常に一緒にいたいので、自宅で供養するという方法があります。骨壺は火葬後に業者が用意してくれますが、華美ではないので好みでご用意下さい。祭壇と一緒に生前のペットの写真立てやお祈り用のロウソク立てなどを揃えると、よりよい供養ができると思います。天国からペットがあなたを見守ってくれていることと信じて、供養を忘れずにしましょう。

ペット霊園では永代供養をしてもらうことができるか

ペットが亡くなった場合ペット葬儀を行うことが多いです。人とは異なり火葬する時期や埋葬する場所などは決められていないものの、多くの場合人に準じた方法で行われており、ペット霊園にて埋葬することが多くなっています。 ペット霊園では個別のお墓のほかに、飼い主と一緒の墓所に入れるところ、永代供養を行うところなど様々です。近年多くなっているのが永代供養墓であり、事情があってお墓を新たに建てられない、手元において供養できないなどの場合に利用することができます。 ペット霊園では合同供養墓のようなものを建立し、そこにペットのお骨を入れていきます。場所によっては最初の5年はそれぞれ個別にその後合同で埋葬することもあり、どちらの場合も霊園で定期的に供養が行われます。管理費などは必要となりますがしっかりと供養と管理をしてもらうことができるので安心です。通常のお墓と同じようにいつでもお参りをすることが可能であり、メモリアルパークのようになっているので気軽に参拝することができます。

ペット霊園は樹木葬も行うことができるのか

ペット霊園はペットの供養をする場所として、徐々にですが増えてきています。メモリアルパークや寺院など多種多様であり、基本的に人の供養と同じです。 ペット霊園は永代供養となることが多いです。これは人と同じお墓に入るのは仏教ではけがれとして考えられているからであり、人のお墓とは違う場所に埋葬されます。個別のお墓を作っても良いのですが、管理が難しいこともあり、永代供養を選ぶ人が大変多いのが現状です。 多くの人がペット霊園を利用するようになり、樹木葬が行える場所も増えてきました。樹木葬では霊園が指定した樹木の中から好きな木を選び、その木の下に埋葬する方法です。ただ木の下に埋葬するのではなくペットの名前が書かれた墓標が立っており、お参りをすることができます。さらにペット霊園では人のように彼岸の頃になると供養が行われていますし、個別に供養を行うことも可能です。ペットは埋葬方法に法律はないので、庭などにお骨を埋めても良いのですが、霊園で供養することによりペットロスなどを防ぐことができます。

ペット霊園では人と共存したお墓を建てることができるのか

"大切なペットが亡くなった場合、ペット霊園にて供養を行います。ペット霊園はペット専用の墓地ではありますが、家族と同様であったため菩提寺にて供養をしたいと考えることもあります。 ですが、一般的なお墓やお寺は人と共存することはできません。ペットのお骨と人と同じお墓に入ってはいけないという法律はないのですが、仏教ではペットなどの動物は畜生という扱いをしており、死後も輪廻転生を繰り返すため極楽浄土になかなか行かれないという考えがあります。さらにペットは話すことができず、南無阿弥陀仏と唱えることができません。南無阿弥陀仏と言えない生き物と一緒のお墓に入ってしまうと、極楽浄土に行かれない可能性が高くなるという考えも影響しています。 人と共存するには宗教に関係ないペット霊園を選ぶ必要があります。ただしまだ数は大変少なく、見つけ出すのは困難になります。そのため供養をする際に人と同じもしくは近くのお墓を用意することができるのかを確認しなくてはなりません。

ペットが安らかに永眠することができるペット霊園

ペット霊園は、亡くなったペットが安らかに永眠することができる施設です。ペットが死後も穏やかに過ごすことができるのは、こうした施設では動物のために、定期的に供養を実施しているからです。
人間と同じように、供養を定期的にすることにより、ペットも安らかに天国で暮らすことができます。
ペット霊園ではさまざまな方法でペットを弔うことができます。複数のペットを一緒に弔うことができる施設もあり、すでに利用している施設に新しい遺骨を納められる施設もあります。
このような施設ならば、ペットの親が亡くなった時に利用できるだけでなく、その子供が天国に行った時にも一緒に弔うことができます。
親と子供を同じ場所で供養してあげれば、どちらも安らかな気持ちで永眠できます。
室内型のペット霊園もあり、このような施設もペットを安らかな状態で供養したい場合に最適です。
外に雨や雪が降ってきても、遺骨を納めている施設は濡れないので、ペットにとっても非常に快適な場所です。

家族としての想いを大切にしたい!ペット霊園の選び方

ペット霊園には、樹木葬のように共同の墓地に埋葬するものから個別の納骨堂までさまざまな種類があります。
最近では家族としてペットと一緒に入れるお墓も出ており、人気です。飼い主と入れるのはペット霊園ではなく人間用のお墓になりますが、自分が亡くなる前にペットだけ納骨できる霊園も出てきています。その場合は、自分のお墓を購入もしくは契約すれば大丈夫です。
以前は、ペットの遺体を預かってまとめて火葬し、一箇所に埋葬するという霊園もありました。
ところが、中には火葬すらせず、山中に不法投棄するという業者がいて問題になったこともあります。
犬や猫も家族であるという想いから、個別に葬儀を行い、お墓を用意する人は増えています。
犬や猫を家族の一員として丁寧に弔いたいなら、葬儀から受けてくれるペット霊園を探しましょう。
そして、飼い主が立ち会えるところが一番です。骨壺と位牌もきちんと用意されるので、納骨まで自宅の祭壇に置くこともできます。

ペットとの思い出を振り返ることができるペット霊園

ペット霊園にペットを供養すれば、いつでも好きな時にペットのお墓参りができます。
こうしたお墓参りをすることのメリットは、ペットが生きていた時に一緒に過ごした楽しい時間を思い出すことができることです。
お墓参りができるような場所がないと、ペットのことも記憶から薄れてしまいます。いつまでもペットを覚えていたいと考えている人は、ペット霊園にペットを供養して頻繁にお墓参りをすれば、どれだけ時間が経っても、いつまでもペットのことを忘れずにいることができます。
ペットと一緒に旅行をしたことがある人は、そのような出来事も振り返ることができます。
ペットが病気になって動物病院に連れて行った時のことなども、飼い主にとっては大切な記憶です。
他の人が飼っているペットと一緒に遊んでいた時のことを思い出として記憶している飼い主もいます。
このような記憶がいつまでも頭の中に残っていれば、亡くなったペットのことも忘れずに覚えていることができます。

心穏やかに亡くなったペットを供養できるペット霊園

可愛がっていたペットを亡くした飼い主にとって、ペットを失った悲しみは非常に大きなものです。
家族のように可愛がっていったペットを失った時には、いつまで経っても深い悲しみが消えないこともあります。
このような場合に悲しみを忘れるための方法として最適なのは、ペットのことをしっかりと供養してあげることです。
いつまでも変わらずにペットのことを大切にしてあげれば、天国にいるペットにも喜んでもらえます。ペットを供養するために多くの人がペット霊園です。
こうした霊園の特徴は、ペットを供養することを専門に作られていることです。
ペットを失った悲しみが癒えない人も、ペット霊園に愛犬や愛猫を供養することにより、悲しい気持ちを忘れることが可能です。
可愛がっていたペットのことを、亡くなった後も十分に供養してあげれば、心穏やかな気持ちになることもできます。
飼い主が心穏やかな気持ちになれることは、亡くなったペットにとっても嬉しいことです。

ペット霊園で愛するペットを偲ぶ方法とは?

ペットと暮らす人にとってペットは家族の一員です。亡くなったときには、悲しみや寂しさを感じることが多いでしょう。
しかし、一般の人にはペットの葬儀や供養の方法が分からないので、ペットとの別れを受け入れるのは難しいものです。
ペットの遺体や遺骨の処分や保管にも困ることがあるのも課題です。そんなとき便利なのがペット霊園。この霊園は、ペットの葬儀や供養を行う施設です。
火葬や埋葬を行うことができ、遺骨や写真などを納めるお墓や納骨堂もあります。
これにより、ペットとの思い出や感謝を表現することができ、例えば、好きだったお花やおもちゃなどをお供えしたり、ペットに話しかけたりすることができます。
専門的なスタッフがペットの葬儀や供養をサポートしてくれ、衛生的かつ法律的に適切な方法でペットの遺体や遺骨を処理するので安心です。
予算や希望に合わせて、様々なプランやオプションを提供します。犬や猫だけでなく小動物や鳥類などの様々な種類のペットに対応してくれ、シンプルなプランから豪華なプランまで選べたりオリジナルのお墓石や仏具を作ってもらえたりします。もはや、ペット霊園は愛するペットを偲ぶ人にとって必須ではないでしょうか。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園の魅力

このサイトでは、近年利用者が急増しているペット霊園の魅力やメリットを分かりやすく解説しています。
ペット専用の霊園に興味があるけれど、いまいち仕組みや良さが分からないという方の大きな助けになるでしょう。
またメリットだけでなく、失敗や後悔事例・デメリットについても触れているので、比較検討する際にとても参考になるはずです。
霊園選びで失敗して後悔する人もけっこう多いので、失敗事例を学んでおくことは非常に重要です。

Search